VISION

言い訳のできないダイエットを始める

無料相談/参加申し込みはこちら
スポンサーリンク

使える筋肉と使えない筋肉について現役トレーナーが解説します。

スポンサーリンク
使える筋肉と使えない筋肉について現役トレーナーが解説します。 筋トレ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
VISION Online Personal Gym

オンラインでパーソナルダイエット指導を行なっているVISION Online Personal Gymです。このブログでは筋トレやダイエット方法、サプリメント、睡眠、パーソナルジムやヨガスタジオについて紹介しています!ご質問やお仕事の依頼はTwitterまたはお問い合わせページからご連絡ください!

Follow Me!

今回は日本人なら一度は聞いたことがあるであろう【使える筋肉・使えない筋肉論争】について書いていきたいと思います!

筋トレでつけた筋肉は使えない筋肉なんでしょ?

ボディオ
ボディオ

「使えない筋肉」は誤解を生む言い方だけど間違っているわけではないから、なるべくわかりやすく解説していくよ!

スポンサーリンク

オンラインでダイエット知識を学び、体型を自由自在にコントロールできるようになれるサービスがVISION Online Personal Gymです。

使える筋肉と使えない筋肉の違い

使える筋肉と使えない筋肉の違い

そもそも「使える筋肉と使えない筋肉」という言い方を聞くと、それぞれ別々の力を持った2種類の筋肉が存在していると勘違いしてしまいます。

筋肉には速筋と遅筋のように筋繊維がどんな動きに優れているかの違いはありますが、筋肉は全て同じ筋肉です。

使えない筋肉=ウエイトトレーニングなど筋トレでつけた筋肉。

というイメージが多いと思いますが、筋トレでついた筋肉もスポーツでついた筋肉も全く同じ筋肉に変わりはありません。

スポンサーリンク

なぜ使える筋肉と使えない筋肉と言われているのか?

なぜ使える筋肉と使えない筋肉と言われているのか?

筋トレだけしていて筋肉を発達してもスポーツパフォーマンスが確実に向上するとは限りません。

筋トレをしていてマッチョなのに、スポーツができなかったりすると

「あいつ、使えない筋肉じゃん」

とうい風になりますよね?

何を持って使える筋肉と言われるのかは分かりませんが、もしベンチプレスを100キロ持ち上げることが「使える」に該当するならば、このマッチョの筋肉も使えることになります。

筋肉を使う目的が重いものを持ち上げることなのか、長い距離を走ることなのか、早く走ることなのかによって使える使えないも変わってくるのです。

使えない筋肉と言われる原因:マッチョ万能説

使えない筋肉と言われる原因:マッチョ万能説

マッチョで筋肉があればなんでもできるだろ、と思い過ぎな部分が世間的にあると思います。

マッチョは筋肉があるだけで、特にスポーツが得意なわけでも、足が速いわけでもありません

筋トレだけをしていてもスポーツの競技能力はほとんど向上しないんです。

じゃあやっぱり使えないんじゃない。

ボディオ
ボディオ

マッチョがスポーツの練習を行えば確実に筋肉がない人よりパフォーマンスが高くなるよ。

スポンサーリンク

神経が使える筋肉と使えない筋肉を決めている

神経が使える筋肉と使えない筋肉を決めている

これまで書いた通り筋肉に違いはないので、筋肉が使えないのではなく、コントロールする神経が発達していないのです。

神経とは運動神経のことで筋肉をコントロールして自分が思ったように動かせる人を運動神経が優れていると言います。

筋トレをして筋肉がある方がスポーツの練習を行えば高いパフォーマンスを発揮できるようになり、世間で言われる「使える筋肉」になることができます。

筋肉は大きくなれば力とスピードが付きますが、それをスーポーツで生かしたければその動きの練習をするしか方法はありません。

例えば野球選手がOFFに肉体改造をして、春開けに調子が悪くなるパターンの原因は筋肉は大きくなってパワーがついているのに、競技の練習量が減ってしまったことです。

スポーツ選手は筋トレと競技練習を並行して行えば高いパフォーマンスを発揮できるようになるはずです。

それを最近体現しているのがダルビッシュ有選手や大谷翔平選手だと思います。

「使える筋肉」をスポーツで動けることにするのであれば競技練習もしっかり行いましょう!

スポンサーリンク

使える筋肉と使えない筋肉について学べる本

使える筋肉・使えない筋肉 (からだ読本シリーズ) 谷本 道哉; 直方、 石井9784381079978【中古】

この2冊は石井直方先生という東大の教授の方が書いている本で、筋肉について一般の方が思う疑問に全て答えてくれています。

石井直方先生は元々ボディビルダーとして活躍されていたので、知識は半端じゃありません。

そして何よりも石井先生の本はとても読みやすく、難解な言葉が使われていないので、初心者の方でも楽しみながらスラスラ読むことができます。

使える筋肉と使えない筋肉についてより詳しく知りたい方は見ておいて損はしないでしょう。

スポンサーリンク

使える筋肉と使えない筋肉論争まとめ

・使える筋肉も使えない筋肉もない
・スポーツに筋肉が活かせるかは練習次第
・運動神経がスポーツで使えるかどうかを決めている

筋トレしている方がスポーツをして使えないと言われるのはそのスポーツの練習をしていないからです。

つまりスポーツの練習さえすれば筋肉が太く強い方が、競技にもよりますがパフォーマンスが向上します。

何を目的にして鍛えているかは人それぞれなので、使える、使えないを言うこと自体おかしなことだと思いますね。

腕を太くしたくて筋トレをしている人なら、腕が太くなればスポーツが上手くならなくてもどうでもいいですよね。

そもそも使えない筋肉というのは他の人に向けた言葉だと思うので、鍛えている人の目的を知らずに干渉するのはやめた方がいいですね。

オンラインでダイエット知識を学び、体型を自由自在にコントロールできるようになれるサービスがVISION Online Personal Gymです。
スポンサーリンク
筋トレ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Follow Me!
スポンサーリンク
VISION Online Personal Gym