VISION

言い訳のできないダイエットを始める

無料相談/参加申し込みはこちら
スポンサーリンク

筋トレ時間の目安とは。1回どのくらい行うべき?短縮する方法は?

スポンサーリンク
筋トレ時間の目安とは。1回どのくらい行うべき?短縮する方法は? 筋トレ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
VISION Online Personal Gym

オンラインでパーソナルダイエット指導を行なっているVISION Online Personal Gymです。このブログでは筋トレやダイエット方法、サプリメント、睡眠、パーソナルジムやヨガスタジオについて紹介しています!ご質問やお仕事の依頼はTwitterまたはお問い合わせページからご連絡ください!

Follow Me!

いきなりですが皆さんは一週間に何回トレーニングしていますか?

また一回の時間はどのくらいですか?

ジムに通って筋トレをしている場合、移動時間、着替え、筋トレ時間、シャワー、着替え、帰宅時間を合計すると1時間ではまず終わらずに、2時間または3時間とかかる方もいると思います。

ご自宅で筋トレをしている方なら移動時間もなく、筋トレの時間のみになります。

しかし多くの方は自宅に充分な器具は用意できずにジムに通って鍛えているんじゃないでしょうか?

となると社会人として働いている限りなかなか時間が取れずに筋トレが続かず、もどかしい思いをしているはずです。

今回は筋トレする時間があまり取れない方へ向けた記事を書いていきます。

「筋トレ時間が1時間しか取れないから短時間で効果のあるトレーニング方法が知りたい!」

「そもそも筋トレ時間はどのくらいがいいのか?」

こういった疑問をお持ちの方はぜひ呼んでください。

スポンサーリンク

オンラインでダイエット知識を学び、体型を自由自在にコントロールできるようになれるサービスがVISION Online Personal Gymです。

正しい筋トレ時間の目安は?

筋トレ時間の目安

これは多くの人が疑問に思ったことがあることだと思います。

私が思う結論は「正しい筋トレ時間は存在しない」です。

なんじゃそりゃって思ってしまうと思いますが、何時間でやるのが一番効果が高いってことは決まっていません。

トレーニングで効果が出るには色々な要因によって決まります。

強度、トータルボリューム、インターバル、テクニック、トレーニング歴、性別、年齢、骨格、時間、カロリーバランス、ホルモンなどです。

まだまだ数えきれないくらい考えればありそうですが時間だけで決まらないと言うことです。

トレーニング時間が短いのに大きい人もいれば、ジムで長時間トレーニングしているのに大きくならない方もいます。

大事なのはトレーニング時間ではなくどれだけ集中してトレーニングしているかです。

なので例え1時間しかトレーニング時間が確保できない方でも大丈夫です。

しっかりと集中して中身の濃い1時間にしてもらえれば身体を変えることはできるでしょう!

スポンサーリンク

短時間でできる筋トレ方法

では1時間もしくは30分しかできない方は少しトレーニング方法を変えて行う必要があります。

時間がない方は一種目10回の3セットインターバル1分いう普通のストレートセットと言う方法ではなく、

スーパーセットと言う方法でインターバルを短くしてトレーニングするのがいいでしょう!

スーパーセットとは二種目を連続して行う方法になります。

例えば腕のトレーニングの場合拮抗筋といって反対の動きをするときに使われる筋肉をスーパーセットで鍛えます。

なので上腕二頭筋と上腕三頭筋をインターバルなしで行います。

ダンベルカールを行なってインターバルを空けずにダンベルライイングエクステンションという流れです。

スーパーセットで行えば同じトレーニングボリュームでも半分の時間で行う事ができます!

トレーニング時間がなかなか取れないかたでも充分なボリュームでできるでしょう。

しかもスーパーセットで行うメリットは時間を短縮できるだけでなくトレーニング効果もアップします。

インターバルを短くしてトレーニングしていくといつもよりパンプ感が増します。

血流が鍛えている部位に集中することによりパンプするのですが、血流が増加することで筋肉の成長や回復に必要な栄養素も血液に乗って運ばれます。

栄養素がたくさん運ばれるとそれだけ筋肉は成長しやすい環境になります。

NO系サプリメントとは?効果やおすすめを現役トレーナーが紹介!筋トレ効果を高めよう!

スーパーセットは筋肉の成長のためにも効果のある方法なんです。

スポンサーリンク

その他の筋トレ時間を短縮する方法

それ以外の筋トレ時間を短縮する方法は分割法です。

筋トレを始めたら絶対に聞いたことがある分割法。

分割法は筋肉の部位ごとにトレーニングの日を分けてしっかり回復期間を設けて成長を促す方法です。

分割法のメリット

・時間の短縮になる
・鍛える部位に集中しやすい
・一週間でうまく鍛える部位をサイクルするため効率よく成長できる
・疲労が少ない状態でトレーニングできる

こういったメリットがあります。

ではこの記事のメインである時間の短縮になるとはどうゆうことかと言うと

1日に全身を鍛えて全身大きくしていきたい場合、一回のトレーニング時間はどうしても長くなってしまいます。

一つのボディパートに三種目3セットで行なっても全身だと合計15種目45セットかかります。腹筋を行う場合はこれにプラスとなります。

これは多すぎて現実的ではありませんね。

分割法だと何分割にするかにもよりますが一番短くなる全身を5つのボディパートに分けた5分割の場合

腕だけのトレーニング日は上腕二頭筋三種目3セット、上腕三頭筋三種目3セットだけです。

合計6種目18セットです。かなり短くトレーニングできそうですよね!しかも先ほどのスーパーセットにすればインターバルを空けずに行うので合計9セットで終わります。

分割法は1回のトレーニング時間を短縮するメリットがありますが例の5分割だと週に5回トレーニングすることになるので余裕がある方は行ってみてください。

分割法の詳しい話はまた別記事でまとめたいと思います。

スポンサーリンク

筋トレ時間の目安とは。1回どのくらい行うべき?短縮する方法は?:まとめ

筋トレ時間の目安

筋トレの時間を短縮する方法を書きました。

しかしながらトレーニング成果を出していくには時間を短縮するばかりではダメです。

時間がないのであればトレーニングの優先順位を上げていかなければならないでしょう!

仕事が終わってホッと一息ついている時間はありませんか?

スマートフォンをぼーっと見ている時間はありませんか?

自分の中で筋トレの優先順位を強制的に上げていかない限りは根本的な問題は解決しないでしょう。

時間は誰でも平等です。もし本気で身体を変えるのであれば時間の使い方を一度見直してみましょう。

トレーニングの悩みについてボディ男が答えます。

こちらも合わせてご覧ください。