VISION

言い訳のできないダイエットを始める

無料相談/参加申し込みはこちら
スポンサーリンク

合戸考二選手のトレーニングを解説します。筋肥大の知恵を盗みましょう!

スポンサーリンク
合戸考二選手のトレーニングを解説します。筋肥大の知恵を盗みましょう! 筋トレ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
VISION Online Personal Gym

オンラインでパーソナルダイエット指導を行なっているVISION Online Personal Gymです。このブログでは筋トレやダイエット方法、サプリメント、睡眠、パーソナルジムやヨガスタジオについて紹介しています!ご質問やお仕事の依頼はTwitterまたはお問い合わせページからご連絡ください!

Follow Me!

合戸考二 トレーニング

日本トップボディビルダーの合戸孝二選手の胸のトレーニングをご紹介します。

この二つの記事で合戸選手の生き様やトレーニングのやり方について書いているのでまずは呼んでください。

合戸選手のあの尋常じゃない胸筋がどのようにして作られたのか

実際に直接見たことがありますが胸が分厚すぎて身体の横からの見た幅が普通じゃありません!

胸が前にとんがっているって感じです。


ではでは合戸式のトレーニングのやり方についておさらいします。

基本はどの種目でもMAXで一回(限界まで)+3回補助→ドロップして自力で限界まで+3回補助、で1セット。

そしてインターバルはきっちり1分間でセット毎に2.5キロ落としていきます。

これをドロップ後の自力で6回あがるまで続けるというやり方です。

しかし最初のうちは重量設定をうまくできないと思うので1種目10セットに変えてもいいと思います。

また合戸式トレーニングはトレーニングパートナー、補助者がいないとできません。多くの人は一人でトレーニングしていると思うので完璧に真似するのは難しいですね。

スポンサーリンク

オンラインでダイエット知識を学び、体型を自由自在にコントロールできるようになれるサービスがVISION Online Personal Gymです。

合戸考二選手の胸のトレーニング

胸の種目はこの順番の4種目どれも10セットで、トータル40セットです。

ベンチプレス
・スミスマシンUバーインクラインベンチプレス
・ダンベルフライ
・ディップス

フリーウエイト中心のベーシックな種目です。

胸の種目数は多くありませんが1種目10セットも行うので相当なボリュームです。

種目毎にやり方を説明します。


ベンチプレス

合戸考二トレーニング:ベンチプレス

以前に合戸選手のベンチプレスのMAXは180キロと書きましたが、あの大胸筋ならもっと上げそうとも思ったかたがいると思います。

しかし180キロなのは特別なやり方のベンチプレスをしているからです。

それは背中の下にポールを半分に切った半円状のパットを置き、身体が不安定な状態でのMAX重量なんです。

通常のベンチプレスでは肩甲骨はベンチに抑えつけられていますが、この方法で行うと

身体がポールによって下から押し上げられて肩甲骨がより柔軟に動き、

通常のベンチプレスよりストレッチがかかるようになるので筋肥大の効果が上がります!

やってみると分かりますが半円のパットを置いた状態では重量はまったく使えなくなります

身体を安定させるので精一杯で練習しないとなかなか重量をもつのは難しいです。

こんな感じのポールを肩甲骨の間に縦に置きます。

オススメのやり方は、いきなりフリーウエイトは難しいのでスミスマシンやチェストプレスのマシンで使ってみるのがいいです。

それでも効果がかなり分かると思います。


スミスUバーインクラインベンチプレス

合戸考二トレーニング:スミスインクラインベンチプレス

2種目はスミスマシンを使って大胸筋の上部を狙います。

この種目も普通とは違うやり方で行っています。

まずUバーというのはバーの中央が窪んだ形状のバーを使っていて

普通なら胸に着くまでしか下げれないのが、このバーならより深く下げることができストレッチできます。

さらに先ほどの半円パットをこの種目でも使って、下からも上からも強制的にストレッチできるようにするやり方です。

スミスマシンのバーをUバーに変えれるジムなんてないと思うので代用の仕方としてはダンベルインクラインプレスを角度を少し浅くして半円パットを使って行う方法です。


ダンベルフライ

3種目はストレッチ種目のダンベルフライです。

この種目は通常のやり方で行なっています。

合戸選手はダンベルフライで軽いので行なっていてはまったく意味がないと言っています。

高重量を使って強制的にストレッチさせなければストレッチ種目にならないと。

たしかにその通りで、10キロとかのダンベルでは丁寧に下げれても刺激が入りません。

高重量に挑戦してみましょう。


ディップス

合戸考二トレーニング:ディップス

最後はディップスです。これは写真を見たら分かりますね笑。

真理子さんが上からのしかかり負荷を上げています。

また通常のディップスと異なり、脚を後方の台の上に乗せて身体を前傾に保っています。

ウエイトベルトを使ってダンベルをぶら下げると身体を前傾姿勢に保つのが難しく、

このように背中の上部から押してもらう方法がやりやすいです。

スポンサーリンク

合戸考二選手のトレーニングまとめ

この4種目をすべて合戸式のセットの組み方で10セット、トータル40セット行います。

普通じゃできないトレーニング量なので真似する方は1種目5セットとかから始めてもいいと思います。

合戸選手がトレーニングでストレッチを重視しているのがわかります。

高重量でストレッチをかける

そうしていれば筋肉は損傷し、成長していきます。

完璧に真似できなくても部分的に取り入れてみて下さい。

ほかの部位のトレーニングもまた記事にしたいと思います。

【2019年最新】HMBサプリメントのおすすめランキング|筋肥大やダイエットに効果があります

HMBとプロテインは両方併用しよう!摂取目的の違いや、おすすめのサプリメントを紹介します!