VISION

言い訳のできないダイエットを始める

無料相談/参加申し込みはこちら
スポンサーリンク

カーボドリンクの効果は?オススメのサプリメントをご紹介!

スポンサーリンク
カーボドリンクの効果は?オススメのサプリメントをご紹介! カーボドリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
VISION Online Personal Gym

オンラインでパーソナルダイエット指導を行なっているVISION Online Personal Gymです。このブログでは筋トレやダイエット方法、サプリメント、睡眠、パーソナルジムやヨガスタジオについて紹介しています!ご質問やお仕事の依頼はTwitterまたはお問い合わせページからご連絡ください!

Follow Me!

トレーニング中に何を飲んでいますか?

水しか飲んでいない方も多いと思います。今回紹介するのはトレーニング中に飲むカーボサプリメントです。

カーボとは糖質になります。

トレーニング中に糖質をとって平気なの?と思うかもしれませんが、絶対に取るべきです。

ダイエットをしている場合でも、増量をしている場合でもカーボをとりましょう。

カーボドリンクをとる効果とオススメを紹介します。

スポンサーリンク

オンラインでダイエット知識を学び、体型を自由自在にコントロールできるようになれるサービスがVISION Online Personal Gymです。

カーボドリンクの効果

カーボドリンクの効果

カーボドリンクの効果はトレーニングのパフォーマンス向上や、筋肥大促進、筋分解抑制があります。

飲むタイミングはトレーニング中から後にかけてです。

カーボドリンクの効果①パフォーマンス向上

カーボドリンクの効果1

トレーニング中は糖質をエネルギーにしているため、糖質を補給しないとエネルギーが持ちません。

実際に私もトレーニング中は必ずカーボドリンクを飲んでいますが、飲まないと重量と回数の落ちがはやく、バテるようになります。

またカーボドリンクをのんでいるとパンプ感も持続するようになり、トレーニング終盤でもパンプが冷めていかない印象です。

トレーニング中のパンプも筋肥大に関わるので大事です。

トレーニング終盤に重量や回数が下がりやすい方や、バテやすい方、トレーニング時間が長めの方は飲む必要があります。

まぁ飲まない理由はありませんけど笑。

カーボドリンクの効果②筋肥大促進

カーボドリンクの効果2

トレーニング後にプロテインだけでなく、糖質も一緒にとるのは一般的になってきました。

ですが最近ではトレーニング中から筋肥大が始まっているので糖質をとるべきと言われています。

上に書いた通りパフォーマンスが向上するので筋肥大の効果が上がるのもありますが、

トレーニング中から合成が促進しているのであれば糖質とタンパク質(アミノ酸)をとって最大限に筋肥大を狙いたいとこです。

トレーニング中は体重×1gの糖質をとるのがいいと言われています。

体重70キロであれば70gの糖質です。

あくまでトレーニング中で70gであって、トレーニング後にも同じく70gはとりましょう!

カーボドリンクの効果③筋分解抑制

カーボドリンクの効果3

トレーニングのエネルギーとして筋肉内のグリコーゲンが使われていて、糖質をとっていないと身体は筋肉を分解して糖質に変えようとします。

糖新生という現象です。

これを防ぐために糖質をトレーニング中に補給して分解をなるべく抑えるようにします。

せっかく筋肉をつけるためにトレーニングしているのに実は筋肉が分解されていたら嫌ですよね?

なのでトレーニング中から少しづつカーボドリンクを飲むようにしましょう。

スポンサーリンク

カーボドリンクのその他の効果

カーボドリンクの効果4

大きなメリットはこのパフォーマンス向上、筋肥大促進、筋分解抑制の3つです。

これに付随して、体脂肪減少効果もあります。

トレーニング中に糖質を摂りたくない理由としてダイエットをしているという方が多いです。

しかしダイエット中でも糖質はとる必要があります。

糖質はとるタイミングが非常に重要で、トレーニング中やトレーニング直後であればとった糖質が脂肪に使われることはほとんどなく、

インスリンによる脂肪細胞の合成もこのタイミングなら抑えられていて、筋肉の合成に使われます。

トレーニングパフォーマンスが向上するということは質のいいトレーニングができるようになり、その分カロリーも消費しますし脂肪燃焼効果も高いです。

結果論として筋肉がつけばその分脂肪を燃やす力も強くなり、痩せやすくなるので糖質はダイエット中でも必ずとりましょう。

スポンサーリンク

カーボドリンクの選び方

カーボドリンクはいくつか種類があります。

ブドウ糖やマルトデキストリン、粉飴などや

CCDやヴィターゴのような物です。

前者は価格も安く低予算向けの糖質で吸収速度はあまり早くなく、浸透圧の関係で下痢をしやすかったりします。

こちらはあまりオススメできません。

後者のCCDやヴィターゴは吸収の早い糖質のサプリメントです。

高分子で浸透圧が低く、胃もたれや下痢もしにくくなっています。

研究ではCCDのほうがブドウ糖よりトレーニング中の筋力の落ちが小さかったそうです。

カーボドリンクを選ぶ際は吸収の早さがポイントになります。

トレーニング中は胃や腸ではなく筋肉に血液が行き渡っているので消化吸収になるべく負担のかけないCCDやヴィターゴを飲むのがいいです。

日本のカーボサプリメントはこの2つ以外オススメできないのでこのどちらかを選んでもらえればいいと思います。

グリコのCCDです。値段もそれほど高くないのでコスパはいい商品です。

グリコCCDドリンクの効果や摂取タイミング、摂取量を専門家が解説します!摂らない理由がありません。

ファインラボ 社のヴィターゴです。CCDより値段はしますが、消化吸収に非常に優れています。

ボディビルダーやフィージークの競技選手もほとんどがこの2つのどちらかを使っていると思います。

噂では海外のボディビル界でも日本のカーボドリンクを使っている選手がいるみたいですね。

ファインラボフィットジムは鈴木社長のこだわりが詰まった楽園

カーボドリンクとbcaaを一緒にとるのが一般的です。

【2019年】iHerbでおすすめのアミノ酸紹介|BCAAやEAA、HMBについて詳しく解説していきます

パンプアップを促すサプリメントをトレーニング前にとることでパフォーマンスが向上します。

【2019年】iHerbでオススメのNO系サプリメントを解説します。パンプアップを促せば筋肥大や脂肪燃焼に繋がります。