VISION

言い訳のできないダイエットを始める

無料相談/参加申し込みはこちら
スポンサーリンク

バルクアップの為のサプリメントおすすめを摂取方法も含めて解説します!

スポンサーリンク
バルクアップの為のサプリメントおすすめを摂取方法も含めて解説します! サプリメント
スポンサーリンク
この記事を書いた人
VISION Online Personal Gym

オンラインでパーソナルダイエット指導を行なっているVISION Online Personal Gymです。このブログでは筋トレやダイエット方法、サプリメント、睡眠、パーソナルジムやヨガスタジオについて紹介しています!ご質問やお仕事の依頼はTwitterまたはお問い合わせページからご連絡ください!

Follow Me!

今回はバルクアップにおすすめのサプリメントを摂取方法も含めてご紹介します。

バルクアップは【筋トレ・食事・サプリメント・休息】の全てがとても大切で、どれか1つでもおろそかにするとデカくなれません。

「よし!来年の夏に向けて身体を大きくするぞ!」

「身体を大きくしたいけど、どんなサプリメントがいいんだろ?」

という方は次のポイントを意識してサプリメントを活用してみてください!

①筋肥大を狙ったサプリメントを摂取する
②カロリーを稼げるプロテインを摂取する
③栄養の吸収効率を高める

この記事で紹介しているサプリメントを摂って、ハードにトレーニングを行い、究極のバルクアップを目指しましょう!

ボディオ
ボディオ

一生懸命筋トレをしているのにサプリメントを活用していないのはもったいないぞ!

スポンサーリンク

オンラインでダイエット知識を学び、体型を自由自在にコントロールできるようになれるサービスがVISION Online Personal Gymです。

バルクアップ:サプリメント編

フィジークやボディビルダーにとっては大会がない冬の時期に、いかにバルクアップして、来年の大会に臨めるかが大事だと思います。

今回はバルクアップ:サプリメント編して、サプリメントを活用して、バルクアップする方法を解説していきます。

分からないことがある場合はLINE@またはツイッターからお気軽にご連絡ください。

バルクアップする方法とは?

まず、みなさんのバルクアップのイメージってどんなイメージでしょうか?

とにかくとにかく胃に食べ物を詰め込んで、暇さえあれば何かを食べる。

毎食後体重計に乗ったり、ジャンクフードやラーメンでも好きなものもなんでも食べる。

バルクアップする方法とは?

こんな感じの増量ではないでしょうか。

たしかに毎食食べるだけ食べていたらもちろん体重は増えます、10キロや20キロ増やせる人もいると思います。

10キロも体重が増えればそれが脂肪でも、扱える重量は増えます。

しかしいざ減量してみると、体重と一緒に扱える重量もどんどん下がっていき、増量する前とあまり変わっていないというパターンが多いです。

私も経験済みです。

私の場合はどうしても数字を気にしてしまって、なにがなんでも100キロにのせてやると思い、どんなものでも食べていました。

結果は上で書いた通りです。

ほぼ減量でもっていかれ、筋肉量はあまり増えていませんでした。

10キロも20キロも増量してしまう原因としては心理的な面があると思います。

おそらく焦って身体を大きくしすぎた結果です。

そもそもトップビルダーの方達のように毎日血の滲むようなトレーニングをしても一年で1キロも筋肉量は増えないと思います。

もちろんトレーニング始めたばかりの頃はもう少しは増えると思いますが、多くの人は1キロがやっとだと思います。

1キロというと大したことない気がしますが、純粋に1キロ筋肉が増えたら見た目も変わります。

3年で3キロ増えればかなり大きな違いになるでしょう。

今回のバルクアップ:サプリメント編では脂肪を乗せすぎずに筋肉量を増やす事を第一に考えていきます。

スポンサーリンク

バルクアップをサプリメントを活用して行うポイント

サプリメントを活用してバルクアップするには次のポイントを頭に入れて、摂取しましょう!

①筋肥大を狙ったサプリメントを摂取する
②カロリーを稼げるプロテインを摂取する
③栄養の吸収効率を高める

バルクアップサプリメント活用法①筋肥大を狙ったサプリメントを摂取する

バルクアップサプリメント活用法①筋肥大を狙ったサプリメントを摂取する

筋肥大を狙ったサプリメントは次のようなものです。

・BCAA
・カーボドリンク
クレアチン
・HMB
などです。
・BCAA
BCAAは筋肥大と筋分解抑制効果があり、筋肉を大きくしたい方は必須のサプリメントになります。
 
BCAAは筋トレの前中後に5gづつ補給するようにします。
筋トレ時間が長く、1時間半以上行う方は筋トレ中に15gほど摂取してもいいでしょう。
 
BCAAは味付きで運動中に飲むタイプと、味無しで運動前後にプロテインや他のサプリメントに混ぜて飲めるタイプがあるので、余裕がある方は両方用意しておきましょう!

BCAAの効果とは?タイミングと摂取量についてご紹介

・カーボドリンク
カーボドリンクは糖質を補給できるサプリメントです。
バルクアップには糖質の摂取がとても大切で、タンパク質よりも重要かもしれません。
 
筋肥大はタンパク質と糖質を補給することで促されるので、どちらか一方だけ摂取しても効果は低いです。
 
カーボドリンクは運動中と運動後にそれぞれ体重×1gほど取るようにするのがオススメです!

グリコCCDドリンクの効果や摂取タイミング、摂取量を専門家が解説します!摂らない理由がありません。

・クレアチン
クレアチンは筋肥大と筋力向上効果が高いサプリメントです。
サプリメントの中でも最も効果を体感しやすいのがクレアチンですね。
 
摂取方法はトレーニング後に5g摂取しますが、クレアチンの種類によっては摂取方法に違いがあるので、詳しくはこちらの記事をご覧ください!

クレアルカリンの効果や飲み方飲むタイミングを解説します!クレアチンで体感がない方は必見

・HMB
HMBはBCAAのロイシンの代謝物で、高い筋肥大効果があります。
 
HMBは最近注目のサプリメントで、少量で効果が非常に高いサプリメントなので、デカくなりたい方は摂るのをおすすめします。
 
摂取方法は1日1gを3回に分けて摂取します。朝・夜・トレーニング後に取りましょう!

【2019年最新】HMBサプリメントのおすすめランキング|筋肥大やダイエットに効果があります

バルクアップサプリメント活用法②カロリーを稼げるプロテインを摂取する

バルクアップサプリメント活用法②カロリーを稼げるプロテインを摂取する

バルクアップするには摂取カロリーを増やさないといけないので、食事をたくさん食べる必要があります。

しかしタンパク質をしっかり摂って体にいいものをたくさん食べるのはなかなかキツイので、おすすめなのは摂取カロリーを稼げるプロテインを摂ることです。

通常のプロテインは脂質や糖質をカットしていて、カロリーも最小限に抑えられていますが、ウエイトゲイナーというプロテインは糖質も同時に摂取できるプロテインになります。

入っているのは糖質だけで脂質はカットされているので、変に太る心配はありません。

トレーニング後や間食で飲むプロテインをウエイトゲイナーに変えるだけでも摂取カロリーを大きく増やすことができるので、食事で量を取れない方は活用してみましょう!

【2019年最新】体重が増えない方必見の体重を増やす方法を実体験から解説

バルクアップサプリメント活用法③栄養の吸収効率を高める

バルクアップサプリメント活用法③栄養の吸収効率を高める

ここまで栄養を補給するサプリメントを紹介してきましたが、摂取した栄養も吸収できないと意味がありません。

吸収し、体内利用を促すにはマルチビタミンが最も効果があります。

マルチビタミンはあまり重要視されていないサプリメントいですが、実はかなり重要で、ボディビルダーはほとんどの方が摂取しています。

ビタミンはタンパク質や糖質の代謝に欠かせない栄養素なので、不足してしまうとせっかく摂った栄養も無駄になってしまいます。

効率よくバルクアップするために、マルチビタミンを摂取しましょう!

【専門家が解説】マルチビタミンの効果は?筋トレしているなら必ずとるべき!

バルクアップ:サプリメント編まとめ

バルクアップ:サプリメント編まとめ

バルクアップのためのサプリメント活用方法をご紹介しました!

まだまだ効果のあるサプリメントはたくさんありますので、こちらの記事もご覧ください!

サプリメントおすすめまとめ集【ダイエット・筋トレ・疲労回復に効果的】