VISION

言い訳のできないダイエットを始める

無料相談/参加申し込みはこちら
スポンサーリンク

腹筋ローラーの使い方と選び方を紹介!腹筋をバキバキにして、注目を浴びよう!

スポンサーリンク
腹筋ローラーの使い方と選び方を紹介!腹筋をバキバキにして、注目を浴びよう! 筋トレ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
VISION Online Personal Gym

オンラインでパーソナルダイエット指導を行なっているVISION Online Personal Gymです。このブログでは筋トレやダイエット方法、サプリメント、睡眠、パーソナルジムやヨガスタジオについて紹介しています!ご質問やお仕事の依頼はTwitterまたはお問い合わせページからご連絡ください!

Follow Me!
スポンサーリンク

オンラインでダイエット知識を学び、体型を自由自在にコントロールできるようになれるサービスがVISION Online Personal Gymです。

腹筋ローラーは使い方次第で腹筋最強器具

腹筋ローラーってトレーニング器具は知っていますか?

腹筋ローラーは腹筋を強烈に鍛えることができるトレーニング器具です。

初心者の方から上級者の方まで多くの方に使用されています。ジムに通うことができない方でも自宅でちょっとしたスペースがあればできるので便利です。

腹筋ローラーは通常のつま先立ちでの動作ではかなりキツク初心者の方だと難しいのですが、膝をついて行ったり、アシスト付きの腹筋ローラーも販売されているのでそちらを使うといいです。

自宅でかなりハードに鍛えることができる腹筋ローラーの使い方を説明していきます。

スポンサーリンク

腹筋ローラーの使い方

腹筋ローラーは腹筋をかなり効果的に鍛えることができますが、フォームが悪いと腹筋に効かなかったり、腰を痛めてしまうことがあります。

なので自宅でトレーニングされている方はトレーナーなどもいないためしっかりフォームを学んでから行いましょう!

アブローラーの効果的なやり方!腹筋に効かせるための2つのポイントを解説

この動画で解説されている通りで動作中に腹筋から力が抜けないようにするのがポイントです。

初心者の方は無理に爪先立ちで行わずに膝をついた姿勢で動作してしっかり効かせれるようにしてみましょう!

動作のポイントは

腰を反らさないようにする。
・あごを上げないようにする。
・戻し過ぎない。
・肘はしたに曲げない。

腰を反らさないようにするのが1番大切です。

腰を反らしてしまうとケガにつながり腰を痛めてしまいます。

腹筋ローラーで1番多いケガはこのやり方で動作したことでおこります。

また腹筋は身体が反っていると力が入りづらくなるのでしっかりと腹筋に力を入れて、

力が抜けないように動作しましょう!

顎をあげないようにする

下を向いてると地面が顔に迫ってくるので顎をあげて正面を向いて動作してしまいがちです。

しかし顎を上げてしまうと腹筋から力が抜けてしまいます。

この動画の説明でも目線は常に下を向き、顎は引いていますね!

トレーニング上級者の方なので自然にできてしまっていることですが初心者の方であれば

意識して顎は引くようにしましょう!

戻しすぎない

これも負荷が一度抜けてしまうからですね、トレーニングは負荷を抜かずにかけ続けるのが大切です。

一般的にトレーニング上級者というのはこの負荷を逃さずに筋肉にかけるのが上手い方をいいます。

腹筋ローラーでいえば回数を何十回もできる方が上級者という訳ではありません。

それよりも10回で限界をむかえるようなフォームを目指しましょう!

動画の説明の通り腹筋ローラーが戻したときに肩の真下まできてしまうと腹筋から負荷がなくなってしまうので気をつけましょう!

肘は下に曲げない

動画では解説していませんでしたが

腹筋ローラーで脇の下あたりが痛くなる方はいませんか?

それは広背筋という背中の筋肉を使っています。

なぜ広背筋を使ってしまうかというと、肘を下方向に曲げてプルオーバーのような動きになってしまうからです。

腹筋ローラーの使い方と選び方を紹介!腹筋をバキバキにして、注目を浴びよう!

これがプルオーバーという広背筋を鍛えるトレーニングです。

姿勢が腹筋ローラーを逆にしたような感じですね。

広背筋に効かせないために肘は下方向に曲げるのではなく腕を内旋させて肘は外側に曲げるようにします。

こうするだけで広背筋の刺激を減らして腹筋の負荷を上げれます。

腹筋ローラーの使い方と選び方を紹介!腹筋をバキバキにして、注目を浴びよう!

このマッチョも肘を外側に向けていますね!

動作の仕方とポイントは以上です!

膝つきのやり方でも動作がキツイ方もいると思いますのでこれからアシストつきの腹筋ローラーや

オススメの腹筋ローラーを説明していきます。

オススメの腹筋ローラーの選び方

腹筋ローラーを選ぶ際のポイントは

静音性
・安定性
・直径
・アシスト有無

この四つを確認して購入するのがいいです。

ほとんどの方が腹筋ローラーはご自宅で使うことになると思います。

そのときに気になるのが静音性です。

フローリングで動作すると腹筋ローラーのタイヤの質により、ゴリゴリと音がなってしまうものがあります。

なのでなるべく音がならないものか下にマットを敷いて行いましょう!

次に安定性も大事です。

腹筋ローラーがグラグラしていては腹筋から意識がぬけてしまいます。

ローラーが二つのタイプのほうが一つより安定性は上がります。

次に直径は単純にグリップの高さが変わるので、直径が小さくなればなるほど手の位置が低くなり

動作がキツくなります!

初めての方はなるべく大きいのを選びましょう!

最後はアシストがついているかです。

このアシストがあれば初心者の方や女性でも動作できるので安心です。

できればアシストのレベル調節機能があるものがオススメです。


以上の4つの選ぶ際のポイントをふまえて紹介していきます。

 

  • 【リバウンド機能(回転機能)付き】最新版腹筋ローラーにリバウンド機能(回転機能)付き、初心者にはケガ防止サポートです。アブホイールに内蔵されたスプリング上限のキツさに達すると、自動的にブレーキをかけ、押し出しや引き戻す際のアシスト機能を搭載し、キツすぎて締めることがないです。腹筋に自信がない方や女性の方でも安心してトレーニングが行えます。
  • 【多角度なトレーニング】腹直筋、腹横筋、腹斜筋全てに効果的なトレーニングになる腹筋ローラー、効果が高い種目を分けずにエクササイズウィルの使用だけで効率的に行えます。更に、背筋の強化や、バランスを維持する体幹トレーニングへと繋がります。
  • 【安定性抜群なアブホイール】厚みあるホイールに溝な設計があり、凹凸あるハンドグリップと共に、滑りにくく、床を傷つけないし、使用をより安定感アップさせ、快適かつ安全なトレーニングができます。膝マット付き、男女を問わず、使い方次第に、初心者から上級者まで使えます。
  • 【上質な素材を持つ腹筋ローラー】環境に優れしいABS素材の滑り止めハンドル+鋼パイプ+TPR素材のタイヤを使用し、汗を吸って、防臭、勝つ耐磨耗性を持つ。人間工学に基づいた設計、静音でスムーズな回転で夜間でも他人に迷惑をかけません。【サイズ】:グリップ幅39×ホイール高さ20cm【重量】:1. 25kg【耐荷重】:200kg 

私も今はこの腹筋ローラー持っていてジムの休館日なんかに使っています。

他の商品も紹介しようかとも思ったんですがこれに勝てるのはないなってことで一択です。

フローリングだと転がした時に音がなってしまう商品も多いんですが、この腹筋ローラーはフローリングでも全く問題ありません。

そしてホイールは1つなんですが結構太くてグリップも握りやすくて安定性があります。

ホイールの直径はそれほど大きくないのですがアシスト機能がついているので初心者や女性の方でも動作できると思います。

腹筋ローラーの使い方と選び方を紹介!腹筋をバキバキにして、注目を浴びよう!

この商品なら腹筋ローラーでよくある、転がしていって顔面から潰れるなんてこともありません。

合わせておすすめできるのはEMSという機器を使って腹筋を刺激する方法です。

【RIZAP 3D Shaper】

サッカーのロナウドがCMで使っているやつですね!

これの良い点は満遍なく深部の筋繊維まで刺激できることです。腹筋ローラーはかなり腹筋を刺激できる器具ですがどうしても自分のやりやすい動作をしてしまい刺激が腹筋全体に均等に入りません。

このEMSであれば均等に刺激が入りキレイなシックスパックを作ることができます。

腹筋ローラーで筋量をつけてEMSで整えるというイメージで使うのがおすすめです。

ちなみにロナウドもEMSだけで腹筋を鍛えてはいないのでご注意を笑

HMBとプロテインは両方併用しよう!摂取目的の違いや、おすすめのサプリメントを紹介します!